・ 平屋建 

 ・ 平屋建 桧化粧梁住宅

 ・ 子育て世代の温かな家

 ・ スタイリッシュ住宅

 ・ 光溢れる和モダン住宅

 ・ 和洋折衷スタイル住宅


 ・ 古民家風住宅

 ・ アンティーク調住宅

 ・ 理美容室(クラシカルスタイル)

 ・ 大西町コマ作製

 ・ 平屋建 自然素材の家

 ・ 本格純和風住宅

 ・ 新和モダン住宅

 ・ ナチュラル和モダン住宅

 ・ 水ナス屋店舗兼調理場

 ・ 3F建 和モダン住宅

 ・ カントリースタイル住宅

   平屋建

玄関は小屋裏まで取り込んだ高い天井に、立派な檜丸太の太鼓梁を走らせ、息を飲む圧倒感。

床は和歌山龍神で買い付けた美しい松材、建具はすべて杉の柾目で造作。

「瓦屋根の平屋」にこだわった家。淡路産のいぶし瓦が渋い光を放ち、風格を感じさせます。

潔く現した柱や梁、自然のままの杉床の表情が白い漆喰壁と美しいコントラストを見せる。


耐久性があり、ダニ・カビが発生しにくい和紙畳を使用。色あせしにくく、美しさが長持ち。

LDKは床に龍神の杉材、柱や丸太の梁は龍神の檜材。キッチンのカウンターは手触りのいい檜の一枚板を使用。

寝室。龍神産の30ミリ厚の杉フローリング材を使用。

杉の造作カウンターに信楽焼の手洗いボウルを設置。床は竹のフローリング。
   

   平屋建 桧化粧梁住宅

玄関は勾配天井杉板貼り。           壁は栃木県産のしっくい。          

天井は杉の板貼り、梁には間接照明を使用。床は30ミリ厚の杉フローリングに自然塗料仕上げ。 

温かみある和照明がより和室の趣を演出してくれます。壁は栃木県産しっくい仕上げ。

竹細工の意匠をこらした欄間を付け、明かり取りを作り、やわらかな雰囲気を。

下駄箱を造作。天板はクスの木を使用。

天井が高く、開放感のあるリビング。     桧の化粧梁が度肝を抜きます。
   

   子育て世代の温かな家

床や框、式台にカリンを使った玄関。深みのある色合いが高級感を醸し出す。朽ちた御山杉(伊瀬神宮の杉)を欄間に、杉の変木を梁に使い、建具も造作して個性的な空間に。

構造体には和歌山県龍神村の杉に檜を使用。天井を通常より高い2800mmにし、照明も埋め込みにして広がり感を演出。カリンの一枚板のテーブルや木の風合いを生かしたランプがアクセントに。

洗面台は人工大理石と木を組み合わせて造作。洗面ボ

潔く現した柱や梁、自然のままの杉床の表情が白い漆喰壁と美しいコントラストを見せる。


耐久性があり、ダニ・カビが発生しにくい和紙畳を使用。色あせしにくく、美しさが長持ち。

LDKは床に龍神の杉材、柱や丸太の梁は龍神の檜材。キッチンのカウンターは手触りのいい檜の一枚板を使用。

寝室。龍神産の30ミリ厚の杉フローリング材を使用。

杉の造作カウンターに信楽焼の手洗いボウルを設置。床は竹のフローリング。
   

   スタイリッシュ住宅

屋根は片流れ、ブラウンの外壁にブラックの樋がアクセントに。

玄関入口正面。2Fの丸窓と玄関扉の明かり窓も丸型にし、よりスタイリッシュに。

玄関扉を開けると、奥さまのお好きなレッドのシューズボックスに、スケルトン階段。

床は大理石。玄関扉の丸窓が印象的に。
 

大きく窓を設け、光を取り入れる設計。昼間はとても明るいとお喜び頂いております。

キッチン・カップボードも奥さまのお好きなレッドに統一。

「レッド」と「ブラック」のコントラストが重厚感をもたらします。

   

   光溢れる和モダン住宅

窓からやわらかな光が注ぐ、明るくて風通りのよい玄関に。下駄箱は造作です。

玄関ホールから和室への造作扉です。半透明ガラスを使うことでプライバシーを考慮しつつも、遮断感レスの明るく温かみある雰囲気に。

階段の手摺柱に海布丸太を使用。照明の光で強化ガラスに影が映り、幻想的な雰囲気を演出。日中は2Fからの光を1Fに通します。

2F。広々とした空間です。フリースペースを設けました。床には桧のフローリングを使用。

LDKの床は杉フローリング。
キッチン入口のたれ壁をゆるやかなアーチにしました。

どっしりとした丸太の大黒柱です。

キッチンに立ちながらLDKと和室が見渡せ、小さなお子様の気配をいつでも感じる事ができます。

天井は格子に組み、梁を斜めに入れる事でアクセントを付け、空間をうまくまとめました。
   

   和洋折衷スタイル住宅


玄関の框はトチ、式台に杉の一枚板、廊下は「縮み杢」というめずらしい木目の楓材。大工造作の間接照明、正面の建具は樹脂板にケンポナシの一枚板を貼ったオリジナル。


自然素材のシラス壁です。廊下は「コテ塗り」、LDには「くし引き」、と部屋の空間に合わせて塗り方を変え、左官で仕上げています。

秋田杉や赤松など材を組み合わせ、意匠をこらしました。

和室の建具は川口がデザインし、建具職人が造作。

幅広の杉30ミリ厚フローリング。天井はリビング部分に丸太の梁、ダイニング部分は格子。右手前の丸太の柱はキッチンの入り口部分。

屋根は淡路瓦。お施主様のイニシャルをモチーフにした妻飾り、ポーチ柱は天然石を貼りました。
   

   古民家風住宅


お施主様希望の「古民家風」に。       床には杉30ミリ厚のフローリング。天井は格子にし、自然塗料で濃茶色に塗装しました。


大工の遊び心から生まれた一味違うアクセント壁の完成。リビング入口まで通った梁は独特な雰囲気を演出します。

玄関は光がたくさん入るよう明かり窓を。ベンチを設置し、床は竹のフローリングを貼りました。

床柱には桧の錆び丸太を使用。壁はスサ入りの左官壁です。     

建具は川口がデザインし、建具職人が造作。

軒裏には、焼杉板を使用。焼くことによって耐久性が増します。
   

   アンティーク調住宅


アンティーク調の空間を出す為に、階段は無垢材をあえて手仕事で加工し、古材のような雰囲気に仕上げています。


キッチンにはモザイクタイルを貼り、ナチュラルの中にもポップで可愛らしい感じを取り入れました。

居心地の良さが伝わるLD。床材はアンティークオーク材を使用。

窓の面台には煉瓦を使い、手造りのあたたかみが感じられるように仕上げました。

洗面カウンターは造作です。床のタイルは斜交いに貼り、おしゃれな洗面脱衣室に。

建具・窓枠を白に統一し、壁は淡いブルーでさわやかな印象の子供部屋に。
   

   理美容室(クラシカルスタイル)


ご夫婦ともに海外で在住経験があり、現地のテイストをご希望。外観はナチュラルに。


デザインタイルでお客様をお出迎え。

待合室。壁にモールディングを使い、腰壁風にすることでコストダウンを図りました。

お施主様希望の気品ある赤にゴールドの鏡・黒の洗髪台と、マッチングセンスが光ります。

こちらは理容室コーナー。お施主様が思い入れのある器具を移設したいとのご要望に応え、設計しました。

扉を開くとエレガントでやわらかな空間が広がります。
   

   大西町コマ作製


弊社地元、阪南市大西町のやぐら新調に伴い、大西町さんよりコマ造作の依頼を受けました。


依頼を受け、木の買い付けから木の乾燥を経て、造作・完成に至るまでに丸三年かかりました。


新調入魂式の様子です。



   

   平屋建 自然素材の家


良質な国産無垢材を使用し、頑丈な構造体。内装は漆喰壁。職人の優れた技術力で実現した住む人に優しい安心住宅です。


「家の中の風通りが良く、断熱材(セルロースファイバー)効果も合わさり、夏もエアコン要らずの住まいです」とお施主様からのお言葉。 

屋根は淡路瓦葺き、外壁には自然素材のそとん壁。軒が深くずっしり感いっぱいです。

杉の無地フローリング(30ミリ厚)です。素足で歩くととても気持ちが良く、快適です。

和室の天井には、備長炭を混ぜ込んだ塗り材。

玄関扉を開けると、数種類の木の香りがする、どこかホッとする心地よい空間が迎えてくれます。
   

   本格純和風住宅

純和風の住まい。玄関には手造りの腰掛を備え待合の雰囲気も漂います。

ホールの重厚な格天井は尾州の桧を使用。                             

大黒柱はケヤキの尺2寸角、壁は本じゅらくの塗りのすさ入り壁。

2Fのホールの天井は杉の一枚板を加工して格子風に仕上げています。

本床と書院の落ち着いた空間です。

施工に約2年かかりました。

 

   新和モダン住宅

自然素材の家
構造や床に使用したのは和歌山県龍神の杉・桧を使用。 夏は素足に心地よく、冬も温もりがあります。


壁には和紙を使用。押入れの下部には大正時代の欄間を設置し、間接照明で印象的に演出しました。

木の家
オープンキッチンのカウンターは分厚い杉の一枚板を使用。

奥様のお化粧コーナー。扉にはミラーを設置し、壁紙には奥様の好きなバラをモチーフにしたクロスを使用。


トイレのカウンターや腰板は消臭効果の高いクスノキ。信楽焼の手洗いボウルも趣があります。


川口建設の得意な自然素材の注文住宅。木をふんだんに使い、アレルギーの心配を軽減できます。和室の入り口である写真正面の建具は、ケヤキや屋久杉、桧を使った手作り品。

 


 

   ナチュラル和モダン住宅

自然素材の家
LDK。2人の子供が2階と行き来するのがわかるリビング階段。桧の大黒柱を貫くのは曲がったケヤキの梁。階段の踏み面には天然の御影石を貼りました。


突き当たりのドアは半透明の樹脂板に、縦割りにしたイブキの木を貼り付けています。 A氏が倉庫に来て職人達と一緒に選んだ木で造作しました。

木の家
玄関は沢山光が入るように設計。たっぷり収納できる靴箱も造作し、石張りや輪切りの丸太などの自然素材で重厚感を出しました。

玄関ドアの色に合わせて入り口付近に濃茶色に塗装した木をランダムに切って貼り、外観のアクセントに。


欄間には葦、天井の梁には屋久杉を使い、障子の3枚の引き戸はそれぞれ違う木が用いられ、和室を特徴付けている。


和室の障子を開け放てばワンルームになり、友人やスポーツ仲間がよく集まる暮らしも考えたプランです。「1000万円台半ばでこんな立派な家が建つと思っていなかった」とお施主様も驚いていました。

   水ナス屋店舗兼調理場

自然素材の家
外装面は杉板・土壁で古民家風に仕上げ、軒廻りは自然塗料を使い、着色しました。


ケヤキの変木で造り彫刻した手造り看板に、沖縄で見つけたシーサーを照明に使用。

木の家
ナスビ型の照明のユーモアに対し、力強い梁と天井高を取る事により重厚な仕上がりになりました。

屋根の構造はとても迫力があり、木の趣を存分に活かした仕上がりです。梁は松を、天井は杉板を使用しています。


各種建具も川口建設の手作りです。お施主様にも大変喜んで頂きました。

 

   3F建 和モダン住宅

造作家具
家具のほとんどが川口建設の造作家具。職人がひとつひとつ丁寧に創り上げている。


ドアも造作。既製品よりも、デザインをこだわる事ができ、コストも安く済む場合もある。


しっくいの塗り天井。自然素材である上に調湿効果を持ち化学物質を吸着する。


料理好きの奥様の要望で取り付けられたキッチン。毎日の動線も配慮しながら配置された。


夜も安全に上り下り出来る光る階段。


外観はご主人の要望で重厚なイメージに。


七福神の瓦。


お施主様のN氏。「最初は他社で検討していたが、川口建設の現場見学会に参加し、話を聞くに連れて気持ちが傾きました。社長を始め設計や施工の人達が私達の立場で提案を行ってくれたので、最終的には川口建設に決めました」


   カントリースタイル住宅


家族で家の個性を決められるのが注文住宅の魅力。


お子様の事も考え、無垢材をふんだんに使い、壁紙も自然素材を使用。


琉球畳の和室。


梁には豪快に杉の丸太を使用。


家具の細部まで造作で創り込まれている。


子供の気配がわかるリビング階段。


ご主人お気に入りの和室。


「開放感のあるリビング・リビング階段がステキでとても気に入っています。 また様々な用途で使用出来る多目的ホールがある為子供達も喜んでいます。」




株式会社 川口建設 〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町508-3 TEL 072-473-4188 FAX 072-473-4588
Copyright © 川口建設. All rights reserved.|